旅行6日目Part-2 KUCHI

前回のKuchiツアーの続きです。

DSCF1339.jpg

漢字の通り『自家製の武器展示室』です。

DSCF1342.jpg

足を入れると鋭い針が刺さるようです。

DSCF1345.jpg

これも上の写真と同じような原理だけど、イス式罠と呼ぶらしい。

DSCF1346.jpg

こりゃ死ぬね。マジで(*_*)

DSCF1350.jpg

落とし穴+針の仕掛け。足で踏むと勢いで、針が刺さるのだろうか。

DSCF1357.jpg

そして自家製武器の見学が終わると、軍用の機関銃が撃てる射撃場へ。軍用の機関銃を民間人が撃てるのは世界でもココだけらしい。

フツーの拳銃だけなら、撃てるところ沢山あるけど・・・

例えばM16は 1発36,000VND≒180円/発 

なんだけど、最低10発なので\18,000ほどかかるようだ。好きな人にとっては安いのではないかと思う。

DSCF1358.jpg

マニア心をくすぐりますね。でも銃器には興味ないので、やりませんでした。耳に穴が開くような、激しい音が少し怖いです。

DSCF1359.jpg

そしてライスペーパー制作現場へ。この地域の名産品なのだろうか。

DSCF1363.jpg

ガイドが持っているのは、ナント古タイヤで出来たサンダル。

NIKE?adidas?んなものありません。戦争当時はコレでした。(ガイド談)

確かにアメリカと戦っているのに、Nikeのサンダル履くわけないもんな~(笑)。このガイドなかなか面白いボケです

DSCF1364.jpg

実際こうして作っていて、お土産にも売ってました。

DSCF1366.jpg

そしていよいよツアーの目的である、地下軍事トンネルへ。

看板を読んでみると、、、

以下の人は入らないでください。

・結核、心臓病、高血圧、呼吸器系、リューマチの持病がある人。
・飲酒してる人。
・狭いところや暗いところが怖い人・・・

とか書いてあった。暗いところ、狭いところが怖いって一体・・・(笑)

DSCF1371.jpg

ここが入口

DSCF1374.jpg

入ります。

DSCF1378.jpg

階段を下りて行くけど、中は真っ暗。カメラの感度がよいせいか、これでも良く撮れたと思う。

DSCF1382.jpg

いざトンネル内に入ると、クソ狭いとても立って歩ける高さではなく、写真のようにかがまないと歩けない。

非常に窮屈で、歩くのもやっとだったので最寄りの出口からすぐ出てしまった。

DSCF1385.jpg

ここが出口。ホント狭かったです。

DSCF1387.jpg

そして最後に爆弾の展示を見る。

半日ツアーなので、その後サイゴン(ホーチミンシティ)へ戻り、ツアーは無事終了なのであった。

スポンサーサイト

繰り上げ返済

今月予定通り初の住宅ローンの繰り上げ返済を行った。

しかし、旅行代金のカード請求も重なり今月の給料は全て、消えて無くなってしまいました(-.-)ハぁ~

週末に所属しているスポーツサークルの若手のNクンとこんな話しました。


俺:今月の給料借金返済で全部無くなったよ。Nクンって実家暮らしでいくら家に入れてるの

N:家賃3万とその他食費とかで1.5万の計4.5万ですかね。

俺:毎月4.5万で生活できるなら、金貯まってしょうがないんじゃないの

N:そうっすね~。大した娯楽とかもないので金すごい貯まりますよ~


コイツ一体いくら貯め込んでいるのだろうか。気になるけど、そこまでプライベートな話を聞くのは失礼なので、聞かなかった。

何もしなければ4.5万と昼飯代だけで生活してるのか。。。俺はその倍の金でも生活出来ていないし。更に金すごい貯めているとは、マジけしからんやつだ(笑)&うらやましすぎるゼ実家暮らし。

あ、俺も空き部屋貸して家賃貰っているから、実家暮らしに近い経済状況なのか・・・と思ったけど、家賃は全て銀行への繰り上げ返済へと、右から左へ流れて消えてしまい、結局俺の手元には何も残らないorz




旅行6日目 Part-1 KUCHI

もうベトナムに滞在して6日目。これが最後のツアーです。

今回も現地の旅行会社KIM CAFE TRAVELのクチ半日ツアーへ申し込み参加した。

お値段は英語ツアーでたった5USDとリーズナブル。

クチとはベトナム戦争時代に激戦が繰り広げられた場所です。

DSCF1286.jpg

現地へバスで移動し、半地下の集会所見たいなところに集まります。

DSCF1287.jpg

ここでガイドから映像を見ながら説明を受けます。日本語はありません。

DSCF1289.jpg

クチには戦争中にジャングル内に作られた巨大地下トンネルがある。その構造がこちらのパネル。興味深いのが、赤枠内の地下のchamber(空洞)構造。ガイドによると、ここに地下トンネル内での炊飯時に出る煙を徐々に流すことにより、米軍機から発見されることは無かったという。

お米を食べる国ならではってとこでしょうか。腹が減っては戦はデキヌなんて言いますからね。

DSCF1290.jpg

この赤シャツの人が本日のツアーガイド。

DSCF1291.jpg

これから地下秘密トンネルの入り方を実演してくれます。

DSCF1292.jpg

STEP1 

DSCF1293.jpg

STEP2

DSCF1295.jpg

STEP3

DSCF1296.jpg

STEP4

DSCF1297.jpg

STEP5 うおー(?_?)どこが入口か分からない。

DSCF1299.jpg

穴を覗きこんで撮影したらこんな感じでした。中は狭いです。

DSCF1301.jpg

そうこうしていると、ツアーガイドから「入ったら???」と言われ日本人を代表して入ってみた。(このツアーでは日本人一人)

穴に入った管理人

し・か・し出ようとしても出れない、、、マズイ、、、どうしよう、、、一生穴の中で暮らすの

穴から出れずもがいていると

両手を挙げるんだ両手を

と言われ、両手挙げてようやく出れました(汗)

DSCF1306.jpg

その後参加者で次々トライ。

外国人は『Facebookに載せるんだ~』なんて言いながらデジカメで撮影していた。

DSCF1307.jpg

写真見てわかると思うけど、メタボな人は絶対ムリです。下手すると入っても一生出れないかもしれません

DSCF1309.jpg

そしてジャングルの中を歩いていきます。

DSCF1311.jpg

次に見たのはベトナム軍のTrap(罠)です。

DSCF1312.jpg

痛そう。。。いや、痛いだけじゃ済まない。

DSCF1321.jpg

その他地下トンネルの入り口。こんなジャングル内にトンネル入り口があるんだね。

DSCF1327.jpg

そして歩いて行くと見つけたのが、米軍M41戦車。

DSCF1328.jpg

『地雷により破壊された米軍M41戦車』とペイント。その言葉の裏には、米軍をやつけたベトナム人のプライドが滲み出ているような気がした。

DSCF1335.jpg

今はただの撮影用オブジェになっています。この戦車のよじ登って撮影しているアメリカ人は一体どんな心境なのだろうか。

月見食べた

昨日は朝からガスの法定点検があった。

特に異常は無いようだけど、ガス屋に聞いたら風呂のリフォーム時に交換を検討していた、ガス給湯器も思っていたより新しいようで、もう少し使えそうで助かった

風呂リフォームでも150万ほどかかるので、少し先延ばしが出来そうだ。

その分システムキッチンのフルリフォームを先にやろうと思っている。

昼に食ったのはコレ

DSCF1615.jpg

月見バーガーだ。

しかし、月見バーガーもう終わったんじゃねってお気づきの貴方するどい実はコレ自家製月見バーガーなのだ(笑)

マックで100円ハンバーガーを買って、卵を型に入れて焼き、ベーコンも入れてみたら本物の月見バーガーと遜色ない味だった。

その後もう一個作り、そちらはチーズを挟んでチーズ月見にした

これで年中月見が食べられるようにはなったけど、卵を焼く型の掃除も面倒だし、ベーコンもそんなに安くもないので、意外に手間とコストがかかってしまい、わざわざ作るメリットがあるのかは正直ビミョーなとこです

んで夕方には注文していた、新しいテーブルが一カ月以上待ってようやく届いた

DSCF1625.jpg

いろいろテーブル探したんだけど、高さ40cm以下の座って食事が出来る、自分好みのデザインのいいテーブルがなかなか無くて、ニトリ、IKEA、IDC大塚家具その他家具店を、あちこち回ってようやく探し当てた商品なのだ

いつもはIKEAで家具買うけど、今回はCrastinaと言うショップで買ってみた。

アルミフレームと曇りガラスが洗練されたデザインのL20046と言う商品。

悪評も多いショップみたいだけど、中国から船で運んでくるらしく、納期が異常に遅かった意外は特に問題は無かった

8月に注文した時点で9月から値上げすると言われたのと、店員のお姉さんがかなり美人だった(笑)事、そして家具を複数まとめて買う事を条件に、値引き交渉したら応じてくれたので、購入を決定した。

まあ家具は10年以上使うものなので、いろいろ検討して納得のいく商品を選んでみた。

Crastinaは比較的安いことで有名だけど、このテーブルのお値段は3万円ちょっと(今は値上がりして4万ほど)。俺が貧乏性なだけなんかもしれないけど、金属とガラスのテーブルで3万円以上は少し高い気がした。

天板がガラスなので汚れはすげー目立つけど、そこそこカッコいいので許す事に

でも角が尖っているので、ぶつけると痛いので保護用のゴム付けたりとか、何とかして欲しいと思った

↓ボチっと応援ヨロです♪↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ

ハナキンのディナー

今日は給料日でした。だからと言って、美味しいもの食べる余裕もありません。(汗)

仕事も早く終わったので、平日で空いているIKEAでお買いものへ出かけた。

購入したのはコレ

DSCF1612.jpg

SULTAN HEIDALマットレスだ

定価は54,900円と少々お高い(アウトレットだったので、もう少し安かった)が、ベトナムの高級ホテルに付いていたマットレスの感触が忘れられず購入してみた

IKEAのマットレスの中でも、上から2番目の高級品です

今まで使っていた、同じくIKEAで買った安い1万円のマットレスは同居人にあげることにした。(笑)

人生の1/3は寝ている訳で、快適な睡眠は良い仕事や、良い恋愛に必要だと感じたからだ。1/3人生過ごすモノなんだから、ある意味寝具にお金をかけることは重要だと思う

そういえば昔の同僚に、ベットに30万かけたってヤツも居たなぁ。

ただ配送してもらうと送料も非常に高く、更に梱包料金まで取られるので、サイズ大きくて重かったけど、送料節約のため必死になって意地で、車の中に無理やり押し込んで自分の車で持ち帰ってきた(笑)

そしてお買い物の後はディナー

2009102320460000.jpg

IKEAレストランのミートボールです。

ミートボールはスウエーデンの伝統料理なんだそうで、日本とは異なりジャムを付けて食べるのが主流らしい。写真のミートボールの脇に赤く盛られているのがジャムだけど、ミートボールにジャムはやっぱ合わないなぁ

ちなみにお値段は平日はミートボール半額で10個で325円と非常にリーズナブルで、IKEA FAMILY会員ならドリンクバーもタダなので、325円で写真のディナーを堪能しました

味も肉のうま味が出ていて、ソースも美味しくなかなかGOODでした。

し・か・し一人で食べるディナーほど寂しいものはありません(-.-)という訳で早く結婚してくれる人、見つけないとナぁ。こんな旨い料理を一人で食べてるなんて・・・


さてと、これから新しいマットレスで寝まーす。おやすみこれで良い恋愛が出来れば安いもんだ

↓ボチっと応援ヨロです♪↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ

旅行5日目 Mekong Delta-船旅編

Mekong川ツアーへ参加したら、ガイドより『あと11USD払うと、高速船でMekong川から夕日を見ながらサイゴン(ホーチミン)へ帰れます』と言われ、追加で11USD払って帰りは船にしてみた。

DSCF1050.jpg

高速船へ乗り込む。中は小さいです。

DSCF1054.jpg

いざ出陣Mekong川はホント泥の川です。

DSCF1065.jpg

大きな貨物船も行き来してます。

DSCF1066.jpg

コンテナ船も。

DSCF1073.jpg

沈みかけているような気もするけど大丈夫?

DSCF1096.jpg

泥水と鬱蒼と繁る森林が、ジャングルの雰囲気を醸し出していていいですね。

DSCF1108.jpg

船の先端に目玉が面白いデザインだ。

DSCF1115.jpg

こんな大量の土砂を積んだ船も沢山往来しています。

DSCF1118.jpg

こんな感じでタグボートが巨大な台船を押しています。相当馬力のあるエンジンを積んでいるのでしょう。

DSCF1142.jpg

お疲れのようです。

DSCF1149.jpg

晴れて最高のイイ天気です。青空にベトナム国旗をたなびかせながら、船はサイゴンへ向かう。

DSCF1162.jpg

人とバイクを積んだ渡し船。Mekong川はベトナム人の生活の一部です。

DSCF1163.jpg

経済発展著しいベトナム。大規模社会インフラ工事もやってます。

DSCF1204.jpg

民家が見えてきました。貧しい人が住んでいそうな雰囲気。もうすぐサイゴンかな

DSCF1224.jpg

手前に見える貧しい民家の後ろには高層マンションが。。。ベトナムにも格差が生まれているのか

DSCF1229.jpg

いよいよサイゴンの中心部に近づいたようだ。崩れそうな川沿いの民家がスゴイ。水もキタナイ

DSCF1250.jpg

市内の水辺の風景。

DSCF1257.jpg

夕日が美しかったので、思わずパチリ

DSCF1269.jpg

高層ビル群が見えてきました。到着まであとわずかです。

DSCF1273.jpg

着きました

約4時間ほどの素晴らしい船旅だったけど、お楽しみいただけましたでしょうか(笑)Mekong川でのベトナム人の日常も見れたし、かなりの大満足なオプションでした。

ベトナム人って、陽気でウチら外国人の乗った船を見ると、手を振ったり、こちらから手を振ると汽笛を鳴らして挨拶したりする。

わざと汽笛を鳴らして、存在をアピールし手を振る貨物船もあった。

これも国民性なのかな

DSCF1277.jpg

夜街を散策していると、ホーチミン人民委員会庁舎を見つけました。フランス時代の建物と思われ非常に綺麗。

DSCF1281.jpg

んでこれが市民劇場。F200EXRで撮影したんだけど、手持ちでここまで撮影出来るのって凄くない感度の良さに驚きました。

DSCF1279.jpg

市内百貨店の酒売り場。

旅も終りに近づいたので、市内の高級百貨店に行くと日本人がたくさん。どうやら一部のガイドブックに出ているようで、皆お土産を買っていた。

中には日本語を話せる店員もいて、日本語でベトナムコーヒーを勧めてきた。

DSCF1280.jpg

ベトナム語で何て書いているか分からなかったので、近くの店員を呼んで英語で聞くと『(店)このワイン3本買うと5%引きです』との事。

『(俺)ベトナム国産の酒が欲しいんだけど』と言うと、『(店)この棚のがベトナム産です』とのこと。

百貨店の店員にまで英語通じるとは、サスガだね~。

ただ酒は非常に重く、持ち運びがキツイのでベトナム国産Vang dalatワインを3本だけ購入。

内1本は俺用で、残りは1本は会社の上司、さらにもう1本はこちらとリンクしているGal and Doさんへあげた。

ちなみにベトナム産のワインもフランス植民地時代の名残りのようです。

このワインは特別な日(意味深)に飲もうかと思っている。

↓ボチっと応援ヨロです♪↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ




旅行5日目 Mekong Delta

朝イチ旅行会社のオフィスに集合し、ツアーバスが来るのを待つ。

今回も旅行は全て自分で手配したので、現地の外国人向け旅行会社KIM CAFE TRAVELのツアーに参加した。

DSCF0848.jpg

朝のサイゴン(ホーチミンシティ)の街を走り抜けます。この時間ウチの会社の人たちは仕事しているのに、俺は会社にも行かず旅行しているのかと思うと、なんか優越感を感じてしまう。

DSCF0849.jpg

バスはひたすら走り、高速の料金所を通り抜けます。ETCなんてありません。昔ながらの現金の手渡しです。

まあ日本でもETC要らなくなるなんて噂もチラホラですが

DSCF0854.jpg

道端でパラソルを広げ、売っているのはなんとフランスパンなんでベトナムにフランスパンがって思う人も多いと思うけど、これはフランス植民地時代の名残のようです。

DSCF0860.jpg

ベトナムと言えばコレでしょう。途中でトイレ休憩したドライブインで見つけたLOTUS(蓮)の花。蓮はベトナム航空のシンボルマークにもなってるね。

DSCF0862.jpg

そして着いたのが、Mekong川です。これからボートに乗り探検します。

DSCF0866.jpg

マイクを握っているのが、本日のベトナム人ガイドです。9USDの安いツアーなので、言葉は英語のみです。英語に自信無い人の為に、値段は大幅に上がるけど日本語ツアーもあるようです。

DSCF0869.jpg

Mekong川は中国、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムを流れる非常に大きな川です。昔カンボジアに旅行した時にも見ました

DSCF0872.jpg

しばらくすると陸地に着きます。

DSCF0876.jpg

お茶とスナックで、一休み。

DSCF0878.jpg

その横ではヘビがっキャーキャー大騒ぎしてます(笑)

DSCF0881.jpg

大蛇を首にかけられた外国人男性。

思わず「ヘビ~と大声で叫んでいた(笑)

DSCF0888.jpg

その後水路のツアーに出かける。船頭はナントおばあちゃん歳なのに大変ですねぇ~

もう一人後ろで漕いでます。

DSCF0936.jpg

船はジャングル内の水路をひたすら進みます。

DSCF0982.jpg

その後ココナッツキャンディー工場の見学。試食してみるとマジうまかった(^-^)って事で、サークルや会社、友人へとお土産に買った。

5個買うと一個無料でくれます。

ヨーロッパとかではこう言うサービス多くて、一番凄かったのはタイヤ3本買うと1本無料サービスとか言う訳わかんないサービスやってるのも見たことある。果たしてタイヤ3本買うやつなんているのだろうか(汗)。

DSCF0986.jpg

次はエンジン付きボートに乗り、昼食を食べに行きます。

DSCF0994.jpg

こんな水路をボートで走ります。う~ん最高の夏休みだ

DSCF1008.jpg

途中すれ違うベトナム人。ベトナム人は皆陽気で、見知らぬ外国人へ手を振ってくる。

DSCF1022.jpg

レストランに着き、ガイドが持っているのがElephant ear fish(像耳魚)料理。その名の通り像の耳のような形の魚で、この地域の名物だそうだ。12,000VND≒600円で、フライと蒸し焼が選べる。

他にも料理出たので頼まなかったけど、一人で食べれる量ではないと思う。

DSCF1025.jpg

チャリのレンタルも無料だったので、周辺散策したけどブレーキ効かず怖かった

DSCF1037.jpg

途中で見つけた干バナナ。ハエが凄かった。(チャリの上から撮影)

DSCF1041.jpg

沖縄見たいな風景思わずパチリ。(チャリの上から撮影)

週末にやること

最近バタバタしていて更新遅れてスマソ

旅行記ももう一カ月近く経とうとしているのに、未だ全てUP終わってません。ってか写真の整理が大変っす。

木曜は合コン行ってきたので、何か動きとかあればまた報告します。ってかもう、合コンなんて言ってる歳でもないような(汗)

明日は朝からバイクの修理引き取りと、来週注文していた新しい家具が届くので、荷物の整理とかやることたくさん。

荷物の整理していると歳なのか、すぐ疲れてなかなか進まないんですよ。。。これが。

ホントはクルマのワックスがけもやりたいけど、そんな時間もうないかな

もうすぐ冬なので、結露防止に自宅のサッシを2重化しようと思っていて、リフォーム店に相談行こうかと思っていたけど、出費がいろいろ多くて大変なので当分は延期することに。


テレビで天気予報見ていたら、今が紅葉のベストシーズンなんだとかあぁ久々に紅葉見に行きたいな~

↓ボチっと応援ヨロです♪↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ

旅行4日目(番外編-戦争証跡博物館)

本日のネタは一部ショッキング(残虐)な画像が含まれています。苦手な方は閲覧をお控え下さい。


ハノイからホーチミンへ戻ったのが昼過ぎ。時間があったので、戦争証跡博物館へ出かけてみた。

DSCF0720.jpg

入ってすぐ展示されていたのが、米軍の戦闘機。

DSCF0718.jpg

こちらにも米軍のジェット戦闘機が。しかし屋外展示のため保存状態は良くない。

DSCF0750.jpg

そしてヘリも。

DSCF0757.jpg

ヘリの中を覗いてみた。電気系統とかはすでに外されているようで、戦闘用のためか余計な内装とかは無い。機体にARMYと書いてあるので、空軍ではなく陸軍所属のようだ。

この機関銃で人を殺していたのかと思うと、複雑な気分になった。

DSCF0725.jpg

そしてM41戦車も展示されている。

DSCF0743.jpg

武器ではないけど米軍のブルドーザー。ジャングル地帯の多いベトナムでは、基地の整備等に必要不可欠だったのだろう。

DSCF0785.jpg

かなり大きなプロペラ機も展示されている。

飛行機とかは、航続距離や最高速とかのスペックも表示されている。

DSCF0788.jpg

戦争の悲惨さ、残酷さが伝わる一枚です。

DSCF0778.jpg

言わずと知れた有名な写真です。

実はこれ沢田教一という日本人が撮影しピュリッツァー賞を受賞した作品なのだとか。英語の解説によると、米軍の爆撃から逃げている様子との事だ。

DSCF0771.jpg

日本でも知らない人はいないと思う、ベトちゃん、ドクちゃんの写真も。。

DSCF0763.jpg

枯葉剤の影響で生まれた奇形児のホルマリン漬けの実物です。良く見てみると、お腹には十字に切り開かれたメスの跡が。。。幼くして手術に失敗して亡くなったのだろうか。

本当に惨いです。

DSCF0772.jpg

ベトナム戦争当時の、日本共産党の赤旗写真ニュース。

ベトナム軍を支持する記事が

DSCF0793.jpg

日本人カメラマンのブースもありました。

DSCF0791.jpg


クリックで拡大(メッセージがあります)

DSCF0792.jpg


クリックで拡大(メッセージがあります)

DSCF0796.jpg

日本人が撮影した、枯葉剤の被害を受けた人々。

DSCF0797.jpg

クリックで拡大

本当に可哀そうです。

アメリカ政府は、未だ枯葉剤と奇形児の因果関係を認めず、保障は拒んでいるようだ。しかしGM、クライスラーの支援以外にやるべきことがあるのではと思ってしまった。

オバマ大統領は核兵器の根絶を訴え宣伝しノーベル平和賞を受賞するのは良いが、過去の過ちを認め、被害に苦しむベトナム人にも支援の手を差し伸べてほしいものだ。

DSCF0818.jpg

博物館を後にし、近くの並木道を歩く。

DSCF0817.jpg

ときどき市内で目にするスローガン。

DSCF0826.jpg

その足でフランス統治時代にできた、市内最大級のベンタイン市場へ。サイゴン市j民の為の市場だけど、観光地化しているとの噂も。

DSCF0834.jpg

そして今夜も食事は屋台です。

DSCF0839.jpg

ご飯と野菜炒め。これはあまり美味しくなかったかな~

旅行4日目

今日はハノイ最終日です。朝11時のフライトで出発なので、それまでに残りの観光を全て済ませないといけません(汗)

DSCF0661.jpg

まず向かったのは、ホーチミン廟です。すごい広場で、北朝鮮のようにスローガンが大きく掲載されてます。何て書いてあるんでしょ?

ベトナム語は読めません(*_*;

DSCF0665.jpg

そしてここがホーチミン廟。この中に革命家である、ホーチミン氏の遺体が防腐処理され展示されているそうな。

中に入ろうとすると、衛兵が怒っていた。良く見ると「NO ENTRY」の文字が。。何でと思いガイドブックも見ると、金曜は休館日だった(笑)

時間がなかったので、次に向かったのはホーチミン廟のすぐ裏にあるここ。

DSCF0695.jpg

ホーチミン博物館だ。

展示物はベトナム語に英語が併記されており、分かりやすい。

DSCF0677.jpg

様々な写真や

DSCF0679.jpg

ホーチミン氏が使ったと言われる医療器具

DSCF0682.jpg

ホーチミン氏の手術に実際つかわれたランプ

DSCF0687.jpg

亡くなったホーチミン氏を運んだバン

DSCF0670.jpg

そして博物館のすぐそばにある、一柱寺。一つの柱で建っているので、この名前がついた。

DSCF0672.jpg

寺の入り口です。と言っても小さいんですが

DSCF0701.jpg

その後タクシーへ乗り、ハノイの空港へ。アメリカシカゴの空港で歩いて飛行機搭乗したことあったけど、飛行場を歩いて飛行機乗るのかなり久しぶりかも。

行先はホーチミン。

ベトナムは日本のようにながく、ハノイ ホーチミンは2000Kと長いため、電車での移動は時間がかかりすぎるので飛行機にした。

飛行機も大都市間の移動のため、大型機を使っています。

DSCF0712.jpg

ようやく再びホーチミンへ。

そして到着初日に泊った同じホテルへ向かい、チェックインすると

荷物が届いてますよといわれ、空港で出てこなかった荷物がようやく出てきて、届けられていた。

一応ホテルのスタッフにチャックアウトする際に、「またここに3日後に泊るので、ロストした荷物が航空会社から届いたら保管しておいてほしい」とお願いしておいたのだ。

ハア~よかった

でも荷物紛失したおかげで、ハノイまでスーツケース持っていく手間も省け良かったのかなと思う。


3連休初日

いよいよ待ちに待った連休です

ここ2週間ほど、土日は家に居なかったので今日はやる事多くて大変だった

でその連休前に合コンしてきた訳ですが、参加者の一人がPimp my ride(MTVの昔の看板番組でとんでもないボロ車を、超ド派手に改造する)見てたって言うんでびっくりした。

俺も司会のExzibitのギャグが大好きで良く見ていたんだよね。コノ番組

日本でも地方TV局なんかの深夜枠でやってたりもしたみたいだ。

知る人ぞ知る話では、Pimp my ride "UK"なる番組も存在して、その名の通りUK=英国版のPimp my rideなんだけど、アメリカ人のギャグのセンスには及ばずはっきりいってあまり面白い番組ではなかった

UKのスペシャル版ではPimp Madonna’s Rideなる番組も放映され、なんとマドンナまでも出演。サスガはMTVだっでもやっぱり面白くは無かった(-.-)

CSやCATVのMTVや、レンタルビデオ店にもあるので興味ある人は見てください、上記リンク内でも番組の動画見れます




実際にPimp my ride見たことある人なら絶対ウケるのがこのパロディ動画。下らないけど、さすがアメリカ人だと唸らせてくれるギャグのセンスはすばらしいの一言


話は変わって、部屋貸している外国人から「合コンやろう」とのお誘いが(笑)

って事はもしかすると、パツ金のオネーサンなんかが来るのだろか

ハァ~ありえないわ

って事はもしかして、ギリシャミコノス島からこのBlog上でパツ金お姉様にプロポーズするなん~て言う日が来るのかも知れません

でも言葉通じなかったら困るねぇ

旅行3日目(Part-Ⅱ)

桂林?見学も終わり船は岸へと向かう。

DSCF0536.jpg

船を下りて、山を登るとそこは幻想的な世界が広がっていた。ここは海の横にあるティエンクン鍾乳洞だ。

この写真も全てF200 EXRで撮影したけど、感度のよさに驚きです。暗いところでも良く撮れます。ナント全て手持ちで撮影しています

DSCF0538.jpg

ライトアップされた洞窟。ここはベトナムであることを忘れてしまう位の美しい場所だ。

DSCF0549.jpg

何現象と言うか忘れてしまったけど、洞窟内に伸びる光線が非常に綺麗です

DSCF0551.jpg

別カットでもう一枚。

DSCF0557.jpg

よく見ると、すごい造形美です。桂林よりもこっちの方がスゴイかも

DSCF0571.jpg

う~ん美しい。

DSCF0572.jpg

美しさに思わず絶句。デートにも使えそうだ(笑)

DSCF0584.jpg

なんかロシアのクレムリンみたいな形状です。自然の力はスゴイです。

DSCF0588.jpg

入口の岸壁と出口の岸壁は違うのだけど、洞窟を出ると美しい湾内に、乗ってきた船が待っていました。

のんびりしていてイイですね。

DSCF0597.jpg

帰りは船のデッキ上で足を伸ばしリラックス。目の前にはイチャつくカップルが(-.-)

DSCF0607.jpg

陸地が見えてきました。もうすぐ船旅も終わりです。でもでもこれから約3時間ハノイの街まで車で戻らないといけません(*_*;

DSCF0635.jpg

夜のハノイの街です。バイク、バイク、バイク・・・スゴイ交通量だ。

DSCF0638.jpg

腹が減ったので、食堂へ。屋台に行こうと思ったけど、ベトナム語が分からないのが億劫で小さな食堂へ。写真では分かり難いけど、英語併記のメニューは必須です(汗)。

DSCF0641.jpg

Fried rice with beef and vegetable pickles 牛肉とピクルスのチャーハン

屋台よりは若干高いと思うけど、写真のSaigon beerと合わせても約300円ほど。美味しく頂きました

DSCF0654.jpg

街中を歩いていると、なんだか怪しい路地が・・・しかしこの写真を撮影していると、見知らぬオッサンガ何やらスゴイ剣幕で文句付けてきた(何言ってるのかは分からない)ので、少し頭にきたので俺も怒鳴ってオッサンに2回ほど体当たりして、軽く突き飛ばしてやった。(汗)

するとオッサンは逆にビビって突然笑顔で笑って誤魔化し、暗闇の中へ逃げるように消えていった(笑)。

女性の一人歩きでは、こんな裏路地まできてはいけません

DSCF0656.jpg

そして無事観光も終わりホテルへ。そこそこの高級ホテルへ泊ったので、部屋に入るとフルーツが

こちらも美味しく頂きました

↓ボチっと応援ヨロです♪↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ

秋の味覚

2週連続で週末自宅に居なかったので、その分の週末作業タスクがたんまり溜まってしまい、忙しい週末であった。

土曜は先延ばしになっていたIKEA家具の組み立てと、リビングルームの整理、愛車アドレスV125のリコール対策、日曜はリコール対策時に見つかった修理を出しに、スズキの営業所へ。

買って間も無いのに、不具合が頻発し近所のバイク店にも相談したところ『明らかなメーカー側の製造不良なので、強くメーカーへ言って無償修理にしてもらえ』と言われ、スズキの営業所の担当者にゴネたけど、結局俺の押しが弱かったのか、説得力が無かったのか有償修理扱いとなってしまった(汗)

価格.comのバイクランキングではTOPの車両だったけど、不具合多いせいか今はランク落ちて2位になっているようだ。車体軽くて取り回しよくて、動力性能も十分なのは良いと思うけど、リコール4回と故障ばかりではさすがに、ユーザーも逃げるよなぁ

スズキの営業所は行きはバイクで飛ばせば15分程だけど、帰りは営業所から数キロ離れた駅まで歩き、更に電車乗り継ぎで合計1時間程・・・疲れた

しかも次の週末には、また同じ経路で営業所まで引き取りに行かないといけないヤダな。

そんなイラつく出来ごともあったけど、近所の栗林へ前々から予定していた栗拾いに行ってきました

DSCF1555.jpg

袋いっぱいに栗GET(^-^)vしかし大部分は"先客"に取られ、俺が拾ったのはおこぼれ程度のものであった

DSCF1559.jpg

なかなかうまそーじゃねでもこの大量のイガグリを剥くのは非常に大変な作業であった(汗)

DSCF1561.jpg

こんなにたくさん。一部は知り合いのオバチャンにお裾分けです。

んで、料理得意な知人の監修の元、煮て食べてみた。

中身腐ってるのも結構あったし、甘みが少ないものも多かった。監修してくれた知人の話では、肥料をやらないと美味しい栗は取れないそうだ。

俺の拾った栗林は、土地の所有者が管理せず放置しているだけなのだ。栗って所有者がキチンと肥料やって管理しないといけないんだね。まぁ~タダだからいっか

旅行3日目(Part-Ⅰ)

ベトナムに来て早3日目。そろそろ慣れてきたところか来て3日目くらいから旅も面白くなっていくものだ。

今日はハノイの街jから200Kほど離れた、Halong Bayに行くことに。ここは『海の桂林』として有名な場所。

しかし、交通の便が非常に悪いベトナムなので、現地の外国人向けのツアー会社shincafeのツアーに参加することに。

お値段は英語ガイドツアーで1日/21USドルと比較的リーズナブル。日本語ツアーもあるらしいけど、倍~4倍程度の代金がかかる。

DSCF0329.jpg

出発はハノイのホテルまでバンが迎えに来てくれました。朝から雨でだけど、バイクは雨合羽です。大変そう

DSCF0341.jpg

3時間程度かけてようやく現地へ着きました。この船に乗り、桂林を見に行きます。

DSCF0345.jpg

このような観光船も多いです。

DSCF0388.jpg

船のデッキにはイスがあり、リラックスモードです。因みに彼はイスラエルから来たそうです。

DSCF0392.jpg

船で約30分、、お(゚∀゚)ようやく着きました。これは桂林ではないか(笑)霧が立ち込めていればね~

DSCF0413.jpg

現地へ着くと養殖場らしきところを見学します。

DSCF0411.jpg

ココにいる魚介類は代金を支払い、買って調理までしてくれるそうだ。しかし値段が馬鹿高かったので、誰も買うヤツは居なかった(笑)

DSCF0418.jpg

見学が終わると、食事TIME。食事は観光船の中でそこそこ美味しかったケド、そんなに高級そうなモノはありませんでした。(当たり前だけど)

目の前に居るのは、ツアー参加者の日本人女性。ナントこの女性2人組は、友達ではなくたまたまツアーに居合わせただけなんだけど、2人ともカメラはGX200を持っていた。

内1人は価格comを毎日チェックし値下がりしたタイミングで買っと話していた。

お金持ちですな(゚Д゚)

それにしても最近カメラ好きな女性多いね~。カメラをネタに女性と仲良くするのも良いかもしれない(笑)

DSCF0518.jpg

食事が終わると小型船に乗り換えて湾内を周ります。

DSCF0463.jpg

洞窟の中を通ります。

DSCF0442.jpg

外からみるとこんな感じ。

DSCF0457.jpg

カヌーにも乗れます。2人1組でしか乗れないようなので、一人で来ていた中国人らしい女性に『一緒にカヌーやんない』と声かけたけど、断られた(笑)

DSCF0454.jpg

写真の中心の穴が先ほど通った洞窟です。写真では分からないけど、ここはスタジアムのようになっており、円形で周りが石の崖みたいなのに囲まれています。

DSCF0515.jpg

水上生活者。なかなか微笑ましい光景です。こう言うの大好きです。

DSCF0516.jpg

その他船に乗っているのは、タイから来たという女性達。世界各国からツアーに参加しているようだ。

今回も写真多いので、後半は後日またUPします
プロフィール

shige

Author:shige
いつか結婚できるさ・・・
そう信じて30年以上生きてきたけど、独身のまんま。

そんな悲しいマイペースな独身男の生きざまが
凝縮したBlogです(-。-)。

ヒマな人だけ読んでください。

管理人宛てメールは下のメールフォームよりどうぞ♪。




最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク