旅行最終日

いよいよ旅行も最終日。

丸一日、時間が空いたので現地発のUBUDツアーへ。
値段が安い、英語ガイド付きツアーを選択した。

本当は別に行きたかったツアーがあったのですが、
「他に行く人がおらず催行中止」と言われ、催行予定のツアーへ
参加することに。

フランス人:男性2人、英国人:女性2人と一緒にワゴンに乗り出発。

DSC01753.jpg

まずは伝統芸能のダンスを鑑賞。
観賞時天気が曇りだったのは少し残念でした。

あと、言葉が現地の言葉なので殆ど意味が分かりませんでした(^^ゞ

DSC01770.jpg

その後UBUD近郊の寺院等を見学。



DSC01802.jpg

綺麗なライステラス。
なかなかいい写真が撮れました(^-^)

DSC01858.jpg

UBUDの中心部を散策

DSC01835.jpg

寺院の名前は忘れたけど、殆ど人はおらず
ゆっくり鑑賞できてよかったです。

DSC01899.jpg

最後にMonkey forestへ。

着いたのは閉演間際でして、チケット売り場のおばちゃんに
40分ほどで閉演だよ!!と言われ急ぎ足で回ることに。

なんか垂れた木の根はナウシカとかに出てきそうな雰囲気です。

DSC01914.jpg

そして最後に駐車場で見た子ザル。
見ていたら、なんと突然おっ初めやがった(*'▽')

しかもカメラ目線まで頂いてしまいました(笑)

これには、ツアーに一緒に参加していた英国人女性2人組も大爆笑。

とまあ、いろいろありましたがこれでツアーはほぼ終了。

帰途に着くことに。



スポンサーサイト

夏休み 5~6日目

夏休みも中盤へ。

DSC01647.jpg

現地人の友人に会いました。

お茶を出していただき、整備された庭で2人しばしのBoys talk(笑)

DSC01639.jpg

そして、今回の旅の最大の目的は友人に赤ちゃんが生まれ
会いに行くことでした。

赤ちゃんが病気がちだったようで、少し会っただけでしたが
中国人の奥さんをもらい幸せそうでした。
(俺も幸せにならないとな・・・)

DSC01668.jpg

その後、GoogleMAPを頼りに2時間ほど運転し王宮を見に行くことに。

以前は地図がいい加減過ぎて、使いものにならなかったけど、
今はGoogleが調査をしているようで、かなり正確で
2時間以上の道程もほぼ迷わず目的地へ行けました。

DSC01681.jpg

到着すると早速行進の練習が目に飛び込んできました。

8月中旬に独立記念日があり、その日に行進のコンテストがあり
それの練習です。

DSC01678.jpg

目的の王宮。

2時間かけてきた割には・・・でしたが、初めてだったので
来て良かったと思うようにしよう(;´Д`)

DSC01687.jpg

建物上部から。

DSC01712.jpg

どこかで見た事ある絵だな~と思ったら日本人穴でした。
戦時中日本人が掘った穴で「日本人穴」と呼ばれています。
(昔実際に見た事あります)

DSC01713.jpg

そして日本軍侵略時の厳しい生活の模様が書かれています。
これ読んで日本人として、なんだか申し訳ない気分になります。

でも、不思議とこの国の人に反日感情はないのです。

DSC01714.jpg

夕方近くに付いたので、もう暗くなりかけているので帰ることに。

長時間の運転疲れました(-.-)

夏休み 4日目 つづき

前回の続きです。

DSC01569.jpg

観光も終わり、体育館に大勢の人がいるので入ってみた。

DSC01563.jpg

中ではバレーボールの試合が。
昔現地の人に聞いたのですが、バレーボールは人気のスポーツなのだそうです。

DSC01588.jpg

農村地帯を散策。
のどかな雰囲気はツアーでは味合わない、個人旅行の醍醐味ですね。

DSC01597.jpg

昔と違いスマートフォンを持つ人も増えたけど、
何故か洗濯は川でやっていました。

多分洗濯機は普及していないのでしょうね(^^ゞ

夏休み 4日目

夏休みの続きです。

DSC01436.jpg

体調は完全に回復した訳ではないけど、滞在日数も限られているので
出かける事に。

またまたお祭り発見!

DSC01437.jpg

今度は規模が大きそう。

DSC01463.jpg

カメラ目線でVサインいただきました( ^^)v

DSC01470.jpg

現地の人の話では、ヒンドゥー教のお祭りだそうです。

DSC01478.jpg

その後 Tirtagannga water palaceへ

何度も訪れているけど、思い入れのある場所です。

DSC01489.jpg

今年はこのプールで泳げなかったけど、次来たらまた泳ぎたい。

DSC01520.jpg

次に向かったのはUjung watar palacefです。
宿から車で1時間ほどの距離で、来るのは一昨年以来です。

海が遠くに見えるこの景色もお気にいりです。
ずっとこの景色を眺めていましたが、1日中見ていても飽きないくらいです。

DSC01534.jpg

綺麗な庭園。

特に変わってはいなかったけど、入場料は大幅な値上げでした・・・

DSC01539.jpg

車をチャーターして来たという年配の日本人親子に会いましたが、
『ここまで自分で運転してきた』と話すと驚いていました。

空港からかなり遠いので、外人は少ないけど
お勧めのスポットです。

体調不良

8月で終わりにした一部の副業の残作業が一気に
襲いかかってきて、バタバタしていてもう大変です。。。

強いストレスのせいと思われる、頭痛や吐き気に
もう寝てしまいたい気分です(-.-)

明日も残作業はいろいろありそうですが、
今週いっぱいで落ち着きそうなので、
ようやく肩の荷が下りそうな気分です。

朦朧とした意識の中、パソコンに向かっていますが
早く寝て体調良くしたいです。。。

夏休み 3日目

2日目の夜はとんかつでディナーを済まし、翌日は早朝から
用事があるので宿に戻り早めに寝ることに。

ところが寝ようとすると、吐き気が・・・

しばらくそのままにしておいたけど、寝れないので
もう出してしまおうと、トイレで出す事に(>_<)。

吐いたら気分は良くなったけど、その後激しい腹痛に襲われ
寝ても治らず、寝すぎて頭痛も酷く身動きが取れなくなりました。

体中が痛くどうしようもないのです・・・

でも、自分ひとりでどうする事もできず、ただ苦しくベットでうずくまるだけ。

酷い腹痛で下痢が収まらず、とても辛かったです。

ふと思ったのですが、自分は死ぬときにも同じように苦しみながら
孤独にこの世を去っていくのか???と考えてしまいました。

『子供や孫に見送られて死にたい。だから家族を持つんだ』
と言っていた友人がいたけど、その気持ちが分かりましたよ。

丸一日、食事も摂れず外出もできず滞在予定が
狂ってしまったけど、何度も海外旅行をしていれば
こんなトラブルも1度や2度あるのは仕方ないのでしょう。

原因は食中毒か、ジュースを飲もうとしたらコップに沢山の蟻が
いるのに気付かず飲んでしまい、その毒かのいずれと思われます。

1日中痛みに苦しみながら、寝ていたら何とか治りましたが
重い病気ではなかったのは不幸中の幸いと前向きに考えることにしました。



夏休み 2日目

マニラの空港から向かった先はデンパサール(バリ島)です。

2時間ほど遅れて真夜中に空港へ到着し、
空港外のタクシーと値段交渉し、空港近くのホテルへ1泊。

翌朝に今回滞在予定の島のはずれの方へ向かいました。

DSC01416.jpg

何度か来ている場所なのですが、自分で運転して近隣を回ってみました。

早速お祭り発見!

DSC01419.jpg

バリ島らしくていいですね。

DSC01424.jpg

どうです!この景色!!

DSC01434.jpg

日常生活をリセット出来る、自分にとって大事な時間です。

P8060642.jpg

ディナー!はOcean viewのレストランでとんかつ(笑)

肉が薄く、ロングライスです。

白米で食べるなら、日本のお米の方が美味しいかな・・・

夏休み

更新遅くなりましたが、先月夏休みで旅行に行ってきました。

P8050640.jpg

今回は初めてフィリピン航空に乗ったのですが、
当然ながら乗り継ぎはマニラ。

だが、そのマニラで空港職員の不正が横行しているという
記事を読んでしまったのだ。

手口としては、乗り継ぎ客のセキュリティチェックの際に

X線検査の際に、空港職員が銃弾を荷物に押し込めて銃弾が出てきた!
と因縁をつけて口止め料として、金銭を要求する手口のようだ。

急いでいる乗り継ぎ客を主なターゲットとし、
3~5万円程度のすぐに払える最大額を要求するらしい・・・

日本人も被害に遭っているようだ。

職場でフィリピン滞在歴のある人に聞くと、
『今はもう大丈夫だよ。。。』

との事だったが、やはり不安。

羽田空港でチェックインの際にカウンターの空港職員聞いたが、
『最近は聞きませんので大丈夫ですよ』との事。

少し安心した。

飛行機は羽田を飛び立ち、マニラに近づくと乱気流に巻き込まれる。

外は見えないけど、数十メートル落ちたかと思うと、
急上昇したりで飛行機は絶叫マシンと化した。

あまりの怖さにアームレストにしがみつきました(^^ゞ

wst1604140004-p2.jpg

マニラには定刻より遅く、乗り継ぎ時間もギリギリでしたが
セキュリティチェックも無事通過出来ました。

セキュリティチェックでは、自分で荷物をX線の検査機に入れるので
職員は銃弾入れられないだろう。

帰国して知ったのですが、あまりに問題が大きくなり
大統領が銃弾を押し込む職員は、ミンダナオ島に左遷する!
と通達を出したら不正はなくなったのだそうです。

職場の人に聞いたところ、ミンダナオ島はゲリラ!が居るそうです(;´Д`)

RED WOMAN

たまたまオーストリア航空日本路線撤退のニュースを見ました。

austria.jpg

な、なんだこれは?!

CAのジャケット、スカートはおろか、ストッキング、靴まで赤!赤!赤!

すごい制服ですね~。
この派手すぎる制服着て、恥ずかしくないのでしょうか?(;^ω^)

個人的にはスカイマークのミニスカ制服よりインパクトがあると思う。

どうせなら、日本路線撤退記念?!とかで顔も真っ赤に塗って全身赤にして
ブルーマンに対抗して、レッドウーマン!とかやってくれればいいのに(^^ゞ

女性読者の皆さんはこの制服着てみたいですか?

John Paul Larkin

scat.png

先日みたいテレビ番組がなかったので、テレビのYou Tubeアプリ
で音楽関係のチャンネルを見ていると↑の写真の男が目に留まりました。

この顔みてピン!と来たかた。
歳がバレますね(^^ゞ

そう 懐かしい!scat manです。

結局最後まで再生して見てしまったのですが、調べてみると
彼は一連のヒット曲を連発したあと、1999年に57歳という若さで
癌でこの世を去ったのだそうです。

輝かしいヒットの裏には、離婚、アルコール中毒、吃音による
コミュニケーションの障害等いろいろ悩みがあったようです。

でも、その吃音と言う悩み及び欠点を、誰にも真似のできない、
独特の歌唱方法としてプラスの方向に活かし、一流のミュージシャンに
のぼりつめたプラスの思考力は素晴らしいと思います。

自分も欠点は沢山あり、これまでにも壁に当たる事も多かったけど
そういう時はつい自分を責めてしまいがちになるのですが、
どうしたら欠点を長所に変えられるのか?を考えるべきなのでしょうね。

まあ、堅苦しい話はさておき懐かしのScat man's world!!を
お楽しみ下さい(^^♪。



ちなみにこのPVで気になるのが 2:00ほどで日本のオウム真理教の
強制捜査?とおぼしき映像があるのですがどうなんでしょうね?。
(もし知っている方いたら教えて下さい)

あと、映像内でいたるところに出てくる水の中で戯れる
無表情でこちらを見つめる黒人少女も、なんか雰囲気あっていい感じです。





重労働

昨日夜遅く、最寄り駅から降り立つと心地よいそよ風が。

今日で9月になりましたが、もう秋なんですね。

週末連休の事を記事に書きましたが、その他色々ありましたが
肉体的に大変だったのは車検ですかね・・・

今乗っている車は購入してから17年ほど経つので、
普通ならとっくに廃車です。
(通常車の寿命は12~13年ほどだそうです)

本当は買い替えもしたかったのですが、住宅ローンも
残り僅かなので、住宅ローンの返済を優先させようと思い
車の買い替えは見送る事にしました。

なので先日事故で破損した部分も、当分乗れるようにきちんと修理しました。

ただ、古く、改造している車なので車検を通すために
車検が通る状態に戻し、車検が終わるとまた元の状態に戻す(笑)
という作業が発生します。

P8260736.jpg

車検が終わり帰ってきた車を油圧ジャッキで持ち上げ、
元のタイヤに戻します。。。

タイヤは20K近くあるので、運ぶのも汗だくで大変です(-.-)

その他、色々整備して夜中までかかりましたが、
何とか無事終了しました。

未だ幾つか細かい修理箇所もあるので、
一気に片づけたいですね。

ライフスタイルの変化とかなければ、あともう1回車検を通し
それが切れるまでの4年間は乗ろうかな?と思います。
プロフィール

shige

Author:shige
いつか結婚できるさ・・・
そう信じて30年以上生きてきたけど、独身のまんま。

そんな悲しいマイペースな独身男の生きざまが
凝縮したBlogです(-。-)。

ヒマな人だけ読んでください。

管理人宛てメールは下のメールフォームよりどうぞ♪。




最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク